MENU
ロニイ
IT企業の社長
個人投資家向けブログ・投資家ドットコムの管理人です。

本業はIT企業の社長、20歳です。

個人投資家の皆さんにタメになる記事を執筆しています。

よろしくお願いします!

【6選】SBI証券のつみたてNISA(積立投資)でオススメの投資信託は?

SBI証券 ロゴ
太郎

「SBI証券」でオススメの投資信託を教えてほしい

花子

「つみたてNISA」では何の投信を積立てるといい?

本記事では、そういったお悩みを解決していきたいと思います。

手数料の安いインデックスファンドか、結果の出しているアクティブファンドに投資すべし

✓本記事の信頼性

資産運用や投資信託が好きすぎて、家族や友人向けに資産運用のブログ「投資家ドットコム」を始めた「ロニイ(Twitterはこちら)」と申します。

アルバイトで稼いだお金を投資に回して金融資産は100万円を超えました。

本記事では「SBI証券」などの証券口座は開設したけど、どの投資信託を買えばいいか分からないという方に、オススメファンドを解説していきたいと思います。

読了には約5分掛かりますが、あなたの「お金」に関する大事な話ですので最後まで読んでみて下さい

それでは、さっそく見ていきましょう。

ネクシィーズ・トレードのサイトにジャンプします

※金融商品仲介業者「ネクシィーズ・トレード」を仲介

目次

SBI証券とは

証券会社名株式会社SBI証券
無料登録ページ無料登録ページはこちら
サービス開始前身の会社は1944年
取扱商品国内株、投資信託、海外株、債券、金など
ラインナップは日本一
最低投資金額投資信託なら100円から
口座管理手数料無料
入出金手数料ネットバンキングを利用すれば無料
口座開設数600万口座以上
オススメ度★★★★★

「SBI証券」は日本最大手のネット証券で、大手金融グループ「SBIホールディングス」の主力子会社となっています。

2021年には証券口座の開設数で「野村證券」を抜いてトップに立っており、特に20~40代の投資未経験層から人気を集めているのが大きな特徴と言えるでしょう。

「SBI証券」は国内株のみならず、海外株や投資信託、債券、貴金属といった金融商品も取り扱っており、次の2点を満たすのであれば「SBI証券」を選んだほうがいいと思います。

  • スマホやネットをある程度使いこなせる
  • 先物取引などのハイリスクな投資をしない

「楽天証券」や「マネックス証券」といった競合もいますが、手数料の安さや商品のラインナップでは「SBI証券」に劣っています。

そのため、投資初心者の方で証券口座の開設に悩んでいるのであれば「SBI証券」を利用するといいでしょう。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは金融庁が始めた非課税投資制度のことで、年間で40万円まで非課税投資枠を利用できるという制度です。

通常、株式や投資信託、ETFで利益が出ると20.315%の税金を納める必要がありました。

しかし、資産形成をする20~40代の世帯にとって20.315%の負担は大きかったため、金融庁が非課税で投資できる仕組みを作ったのです。

具体例を見ていきましょう。

「つみたてNISA」の非課税枠40万円を利用して投資をし、20年後に120万円となった場合、約16万円が非課税となります。

つみたてNISA

「つみたてNISA」は20年間利用することができますから、16万円×20年間で320万円も税金がお得になる可能性があるのです。

「つみたてNISA」の年間利用上限額は40万円ですが、仮に追加で20万円(月額約17,000円)投資した場合、30年間で約5,000万円の資産を築くことができます。

※年間の利回りが6.0%の場合

積立

積立投資は投資を始めるタイミングが早いほど効果があるため、本ブログで紹介するオススメの投資信託を参考にしながら、「つみたてNISA」を始めてみてください。

それでは「SBI証券」のつみたてNISAでオススメの投資信託(ファンド)を見ていきましょう。

SBI証券のつみたてNISA(積立投資)でオススメの投資信託6選

「SBI証券」でオススメの投資信託6選をまとめてみました。

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • SBI・V・S&P500インデックスファンド
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • ひふみプラス

それぞれのファンドの特徴を見ていきましょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

運用会社三菱UFJ国際投信
公式HPhttps://emaxis.jp/fund/253425.html
設定日2018年10月31日
運用方式インデックスファンド
ベンチマークMSCI オール・カントリー・
ワールド・インデックス(配当込み)
購入時手数料無料
信託報酬0.1144%
純資産総額1596.56億円
つみたてNISA対応
主な組込銘柄Apple,Microsoft
オススメ度★★★★★

「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」は「三菱UFJ国際投信」が運用するファンドで、世界中の企業の株式に投資をしています。

eMAXIS Slim  国別

企業の時価総額に応じて組入銘柄を決めているため、「Apple」や「Microsoft」といった世界的に影響力のある企業が上位の組込み銘柄にランクインしているのが特徴です。

資産運用で重要なのは「分散」であり、1本で国際分散投資ができる「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」は「初心者向けのファンド」と言えるでしょう。

信託報酬は0.1144%となっており、低コストで投資可能です。

詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

運用会社三菱UFJ国際投信
公式HPhttps://emaxis.jp/fund/253209.html
設定日2018年3月19日
運用方式インデックスファンド
ベンチマークMSCIオール・カントリー・ワールド
・インデックス(除く日本)
購入時手数料無料
信託報酬0.1144%
純資産総額565.42億円
つみたてNISAあり
主な組込銘柄アップル、マイクロソフト
オススメ度★★★★★

「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」は、「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」から日本の銘柄を除いたファンドです。

ベンチマークは「MSCI ACWI(除く日本)」を採用しており、過去20年のリターンを見ると「オールカントリー」を上回るリターンを挙げています。

インデックスファンドの指標で、ベンチマークに近い成績ほど優秀なファンドと言われている。

スクロールできます
全世界株式のリターン
年率平均除く日本オールカントリー
150.3%49.2%
314.7%14.0%
1013.3%13.1%
207.1%6.8%
308.7%7.6%

マイインデックスさん(https://myindex.jp/data_i.php?q=MS1026JPY)より引用

過去30年は日本株式のリターンが低かったため、「除く日本」のリターンが「オールカントリー」を上回っています。

しかし、今後20年、30年も「除く日本」の成績がよい保証は無いため、より分散を効かせた「オールカントリー」への投資がオススメです。

詳しくは次の記事を参考にしてみて下さい。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

運用会社三菱UFJ国際投信
公式HP
設定日2017年2月27日
運用方式インデックスファンド
ベンチマークMSCIコクサイ・
インデックス(配当込み)
購入時手数料無料
信託報酬0.1023%
純資産総額1986.96億円
つみたてNISAあり
主な組込銘柄Apple、Microsoft
投資家ドットコムの評価 ★★★★★

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は「オールカントリー」から日本と新興国を除いた地域に投資するファンドです。

政治体制が不安な新興国と成長力に劣る日本が除かれており、北米と欧州を中心に投資をしています。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」や「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」と大きな違いはありませんが、先進国のみに投資をしたい方にオススメと言えるでしょう。

先進国株式に投資するファンドに興味を持たれた方に次の記事もオススメです。

SBI・V・S&P500インデックスファンド

運用会社SBIアセットマネジメント
公式HP
設定日2019年9月26日
運用スタイルインデックスファンド
ベンチマークS&P500(円換算)
購入時手数料無料
信託報酬(年間)0.0938%
純資産総額約2,000億円
主な組込銘柄Apple、Microsoftなど
為替ヘッジ非対応
つみたてNISA対応
投資家ドットコムの評価 ★★★★★

「SBI・V・S&P500インデックスファンド」は米国のS&P500に投資するインデックスファンドです。

投資対象が1国のみであるため、分散効果は小さくなりますが、世界一の経済力・軍事力を持つ米国に投資することができます。

信託報酬(年間の手数料)は0.1%を下回っており、純資産総額も4,000億円近くあるのが大きな特徴と言えるでしょう。

米国の主要企業に投資をしておけば問題ないと考える方は「SBI・V・S&P500インデックスファンド」1本あれば十分とも言えます。

詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

運用会社三菱UFJ国際投信
設定日2017年5月9日
公式HPhttps://emaxis.jp/fund/252760.html
運用方式バランスファンド
ベンチマーク各マザーファンドの合成指数
購入時手数料無料
信託報酬0.154%
純資産総額902.28億円
つみたてNISA対応
主な組込銘柄先進国株式、先進国REITなど
オススメ度★★★★☆

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は国内外の株式/債券/リートに投資するファンドで、これまで紹介してきた株式型インデックスファンドとは分野が異なります。

債券やリートを組み込んでいるため影響で価格変動が緩やかになっており、リスク分散をしたい個人投資家にオススメの投資信託と言えるでしょう。

eMAXIS Slim

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」1本に投資することでポートフォリオの管理をする必要も無くなります。

ただし「eMAXIS Slim 全世界株式」や「SBI・V・S&P500インデックスファンド」といった株式連動型ファンドにはリターンで劣る傾向にあるため、長期の資産形成を考えているのであれば「eMAXIS Slim 全世界株式」がオススメです。

詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

ひふみプラス

運用会社レオス・キャピタルワークス
設定日2012年5月28日
公式HPhttps://hifumi.rheos.jp/fund/plus/
運用方式アクティブファンド
ベンチマーク
購入時手数料3.30%を上限として販売会社が定める料率
信託報酬~1.0780%,純資産総額に応じて減額
純資産総額4540億円
つみたてNISA対応
主な組込銘柄マイクロソフトなど
オススメ度★★★★★

「ひふみプラス」はアジア最大のアクティブファンドで、日本の中小型株を中心に投資をしています。

インデックス運用とは異なり、市場平均よりも高い利回りを目指すファンドのこと。

「ひふみプラス」の姉妹ファンドである「ひふみ投信」は12年間で約6倍値上がりした。

インデックスファンドと異なり「ひふみプラス」はアクティブ運用のため信託報酬が高く設定されています。

しかし過去のリターンを見るとインデックス運用よりも高いリターンを出しており、日本では数少ない「優良アクティブファンド」と言えるでしょう。

組込銘柄の上位には「Microsoft」の他にも「エイチ・アイ・エス」や「東京センチュリー」が並んでおり、大型株にも投資をしているのが大きな特徴です。

「SBI証券」で購入できるのは「ひふみプラス」となっていますが、iDeCo向けの「ひふみ年金」、「レオス・キャピタルワークス」の公式HPから投資できる「ひふみ投信」などがあります。

興味のある方は次の記事を参考にしてみてください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「SBI証券」でつみたてNISA(積立投資)をするのにオススメな投資信託をおさらいしておきたいと思います。

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim 先進国株式
  • SBI・V・S&P500インデックスファンド
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • ひふみプラス

自分は全てのファンドを保有していますが、いずれも優れたリターンを産みだしてきました。

友人にも勧めた「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」は15%以上値上がりしているようです。

現在、日本では手取り年収の減少と物価上昇により、資産を「増やし」「貯める」ことが難しくなっています。

年収700万円のサラリーマンの手取り年収は15年間で50万円減少し、物価は30年間で10%上昇。

働いてお金を貯めるだけでは、資産を守れない時代に突入しつつあるのです。

資産運用をすると短期的にはお金が減る可能性もありますが、長期で資産を築きたいのであればリスクを取る必要があり、そのためには証券口座が必要です。

証券口座を選ぶのであれば、他のネット証券よりも取扱商品が多く取引手数料の安い「SBI証券」がオススメです。

次の記事も参考にしてみてください。

それでは、また。

SBI証券 ロゴ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる