MENU
ロニイ
IT企業の社長
個人投資家向けブログ・投資家ドットコムの管理人です。

本業はIT企業の社長、20歳です。

個人投資家の皆さんにタメになる記事を執筆しています。

よろしくお願いします!

大学生がつみたてNISAをすべき5つの理由|分かりやすく解説します

つみたてNISA
太郎

大学生だけど、つみたてNISAをするべきなのかな?

この記事では、そういった疑問に答えていきたいと思います。

本記事の結論

多様な経験を積むためにも大学生はつみたてNISAをするべき!お金以外にも就活、人生に大きな影響あり。

大学生の多くは投資と聞いて「デイトレード」「ギャンブル」「破産」というイメージを持たれるかもしれません。

株式投資、FX、不動産投資、ビットコイン…

投資には様々な種類があり、初心者が容易に理解するのは困難でしょう。

そこで本記事では投資初心者の大学生にでもできる投資、つみたてNISAについて解説していこうと思います。

それでは、さっそく見ていきましょう。

目次

つみたてNISAとは

まずは「つみたてNISA」の概要について理解しておきましょう。

「つみたてNISA」の「NISA」とは「Nippon Individual Savings Account」のことで、日本語に直すと「少額投資非課税制度」となります。

日本では金融商品の売買によって得た利益の約20%が課税されますが、 「つみたてNISA」や「NISA」では投資によって得た利益の非課税にすることが可能です

例えば、100万円で投資信託を購入して価格が150万円になった場合、手元に残るのは140万円となります。

<計算式>

150-100=50→税引き前利益
50×0.2=10→税金
150-10=140→手元に残る現金

NISAはこの税金をなくして、手元に残る資金を150万円にしてくれる制度なのです

NISAには「つみたてNISA」と一般「NISA」があります。

スクロールできます
つみたてNISANISA
投資期間20年間5年
非課税枠800万円600万円
1年間の非課税枠40万円120万円
非課税期間20年間5年間
対象商品投資信託/ETF投信/ETFに加えて株式なども
オススメの投資レベル投資初心者ある程度経験のある投資家

NISAは1年間の投資の非課税枠が大きいため、上級者向けと言えるでしょう。

今回は大学生向けにオススメの「つみたてNISA」について書いていきます。

【必見】つみたてNISAの特徴

特徴①:金融庁の審査を通ったファンドのみに投資可能

「つみたてNISA」は、金融庁が認めた投資信託やETFのみにしか投資することができません。(投資信託の種類については次の記事を参考にしてみてください)

なぜなら金融庁は国民に長期で安定した投資をして欲しいからです。そのため、投資信託のような「プロに運用を委託する商品」でしかつみたてNISAを利用することはできないのです。

花子

なるほど!政府のお墨付きがついたファンドにだけ投資できるんだね

関連記事につみたてNISAで購入できるオススメの投資信託を載せておきますね。

つみたてNISAを利用して購入できる投資信託は、手数料が安いため、効率的に資産を伸ばすことができます。

通常の資産運用でも役立つファンドばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

特徴②:非課税期間が20年と長い

また非課税期間の長さもつみたてNISAの大きなメリットと言えるでしょう。

通常のNISAの非課税期間が5年であるのに対し、つみたてNISAの非課税期間は20年間となっています。

例えば、40万円を年間利回り7%で20年間運用したときの課税額は32万円です。

スクロールできます
課税額利益
つみたてNISAあり0万円160万円
つみたてNISAなし32万円128万円

つみたてNISAは20年間連続で積立てることができますから、仮に20年の平均利回りが7%とすると640万円も損をすることになるのです。

太郎

つみたてNISAやるだけでベンツ買えるやん…

スマホから手軽に始めることができるのがつみたてNISAです。つみたてNISAのための証券口座をお持ちでない方は、「SBI証券」や「楽天証券」の証券口座を作りましょう。

特徴③:つみたて投資であること

つみたて投資とは、決まった金額を毎月積み立てる投資のことです。

つみたてNISAでは毎月の投資の上限額が決まっています。

毎月の投資上限額
SBI証券3万3,333円
みずほ銀行3万円

ただし必ず上限額まで投資しなければいけない訳ではありません。投資に回す余裕資金が1万円しかないのであれば、1万円からでもつみたてNISAを始めることはできます。

実際、私の母は月額1万円からつみたてNISAを始めました。

それぞれの家計状況に合わせて資産運用をスタートするのがオススメです。

大学生がつみたてNISAをするべき5つの理由

将来、億万長者になれる可能性が高くなる

つみたてNISAをする理由は1つでしょう。

お金を増やしたい。

反対意見もあるかもしれませんが、「お金を増やす行為」であるつみたてNISAをしている以上、お金を増やしたくない人はいないでしょう。

「つみたてNISA」は日本政府が用意した合法的な億万長者製造マシーンです

SBI証券のシミュレーションを例に考えてみましょう。

学校を卒業してサラリーマンになった22歳の女性が40年間コツコツ働き、毎月3万円を資産運用に回したとします。

投資信託の利回りは商品によって異なりますが、米国に投資するものだと年平均10%近いものもあるのです。

毎月3万円資産運用に回すだけで億万長者になれることが分かりますね。

太郎

40年も掛かるのか…

そう思われた方も少なくないでしょう。しかし資産運用はコツコツ長期的に儲けるものであり、ギャンブルではありません。

40年間、ただ我慢するだけで億万長者になることができるのです。

就活がかなり有利になる

私個人の肌感覚で客観的なデータはないのですが、軽く投資をしているだけでも就活は有利になります

つみたてNISAを始めると、自ずとその先にある株式投資に興味を持つようになるでしょう。

そこで

  • なぜ株価は上昇しているのか?
  • 業界構造はどのようになっているのか?競合との優位性は何なのか?
  • なぜ金融業界の平均給与は高いのか?

のような疑問を持ち始めると思います。

投資の世界はWhyの連続です。ロジックにロジックを固めても損をすることもあります。

しかし株式投資で得た経験は、就職活動において必ず役に立つでしょう。

実際に私の株仲間(先輩)であるO氏は平均年収が1,000万円を超えるグローバル企業に就職をしました。

花子

投資は難しそうだけど、就活に役立つなら始めて損は無いかな

ただ株式投資はリスクが高いのも事実です。まずはつみたてNISAから始めましょう。

モノに対する考え方が変わる

つみたてNISAを始めとする投資を始めると、本質的なモノの価値が分かるようになります。

自分の場合、成長につながる本や機器にはお金をかけるようになり、無駄な出費が大幅に減少しました。

太郎

お金持ちはお金よりも時間を大事にするらしいしね。

節約のために家計簿をつけるのもいいかもしれませんが、投資にもチャレンジしてみるべきでしょう。

経済・お金に詳しくなる|人生がイージーモードに

当然ではありますが、つみたてNISAを始めると経済やお金に詳しくなります。

つみたてNISAのメリットは時間を掛けずに投資できることですが、多くの人は自分の資産の増減が気になるでしょう。

そこで経済やお金の勉強を始め、つみたてNISAだけでなく税金問題などにも詳しくなるかもしれません。

一度お金に詳しくなれば、人生がイージーモードになるのは間違いないです。

ぜひ業界地図などの本を読んで、経済やお金に詳しくなってください。つみたてNISAをするだけ以上の効果はあります。

話のネタが増える|人生をより豊かに

また、つみたてNISAを始めると話のネタも増えるでしょう。大学生でつみたてNISAをしているのは間違いなく少数派です。

ただし、投資=危険と考えている人もいますので相手には注意してください。

人生においては「挑戦」することが重要です。つみたてNISAはスマホさえあれば始めることができるものの、多くの人が最初の一歩を踏み出しません。

花子

何事も小さいところから始めるがオススメ!

つみたてNISAは金融庁お墨付きの、安心して挑戦できる資産運用です。ぜひ活用してみましょう。

まとめ:今、行動しましょう。

本記事をまとめておきたいと思います。

大学生がつみたてNISAをするべき理由
  1. 億万長者になれる可能性が高くなる
  2. 就活がかなり有利になる
  3. モノに対する考えが変わる
  4. 経済・お金に詳しくなる
  5. 話のネタが増える

何度も書きますが、つみたてNISAは金融庁が設けた節税の仕組みです。年平均7%の利回りであれば、20年間で640万円もオトクになります。

証券口座をお持ちでない方はSBI証券などで、つみたてNISAをスタートしましょう。

ネクシィーズ・トレードのサイトにジャンプします

本記事や投資家ドットコムに質問があればお問い合わせよりご連絡ください。

それでは、また。

<追記>本記事に関連のある記事をまとめておきました。こちらも参考にしてみてください。

つみたてNISA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる